「浜学園シラベテ」を支える技術

「浜学園シラベテ」がテキストや公開学力テストと解説講義映像をつなぎます。

これまでの家庭学習では、テキストを中心とした学習スタイルの中でわからない問題があれば、解説文を読んで解決する方法が一般的でした。
浜学園シラベテにより、テキストと、テキストを徹底解説した「Web全問解説講義」をスムーズに組み合わせて学習していただけます。対応するタブレットのカメラで撮影し、指定したページに対応した解説講義を即座に受講していただけます。


従来の教材と「浜学園シラベテ」の違い

今回の浜学園シラベテのサービス開始にあたり、ベースになっている技術「Kappan」を開発したNTTサービスエボリューション研究所の宮田章裕氏に、従来の教材と比べた「浜学園シラベテ」の違いについて語って頂きました。

NTTサービスエボリューション研究所
宮田章裕氏

「浜学園シラベテ」のベースとなっている「Kappan」という技術は、NTT研究所が開発した紙とデジタルをつなぐ全く新しい技術です。

この技術を使うと、問題用紙・教科書の問題をタブレットで撮影するだけで、手軽に解説映像を見ることができます。

従来でも、2次元バーコードを使えば似たことはできました。雑誌に印刷されたバーコードをカメラ付き携帯電話で撮影すると映像などが見られるサービスをご利用になったことがある方は多いと思います。

浜学園シラベテの優れている点は、バーコードが不要であることです。すなわち、本や紙にバーコードを印刷する必要はなく、みなさまが既にお持ちの問題用紙・教科書をそのままご利用いただけます。

紙を撮影するだけで映像が見られる最新システム「浜学園シラベテ」をぜひご体験ください。


浜学園シラベテの仕組み


浜学園シラベテ×NTTLS



 浜学園様は2011年9月にフィールドトライアルを実施して頂いた先駆者であり、本サービスの導入を決定いただいたファーストユーザになります。「シラベテ」は、「Kappan」技術を用いてNTTLSが提供するサービスです。

 従来のテキストおよび講義映像による学習に加えて、新たな学習スタイルが必要だと感じておりましたが、「シラベテ」の提供によってテキストと講義映像を組合せた『新しい学習スタイル』が実現できると考えております。リビングを中心としたライフスタイルに、「シラベテ」を用いたタブレット学習を加えていただければ幸いです。

 本サービスは文字認識を用い、文字を読み取る方法を工夫することにより、テキストの撮影箇所を高い精度で特定することができます。教育分野では、文字は欠かせませんので、児童の学習には非常に適したサービスだと考えております。なお、2014年8月から画像認識技術を統合した「浜学園シラベテ(ハイブリッド版)」をご利用いただいており、撮影テキストの特定精度を向上させております。

 テキストを撮影するだけで、関連する講義映像を視聴できるという容易な操作方法も児童の学習には適していると考えます。様々な人に「シラベテ」のデモンストレーションを行っておりますが、初めて体験する多くの人がその仕組みや操作感に感動されます。
是非、「シラベテ」を体験してください。お子様が「シラベテ」を利用して驚きの声をあげるシーンが見られるかもしれません。「シラベテ」を利用して学習が進むことを切に願っております。

エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部